60才以降も収入があると年金が減る
年金を受けられる人が60才以降も働いた場合、
年金の一部または全額が支給停止される「在職老齢年金制度」があります。
しかし、すべてのケースで支給停止されるわけではありません。

年金が減るのは二つのケースのみです。

1、65才未満で働いている場合、年金月額+給与月額が28万円以上の人。
2、65才以上で働いている場合、年金月額+給与月額が46万円以上の人。

もし上記に該当したとしても、カットされるのは厚生年金として納めた分だけです。
現役時代に会社勤めをし厚生年金に入っていた人は対象になりますが、
夫の扶養に入っていた主婦は国民年金なので該当しません。

「働いたら年金が減るかも」と心配している人は、大丈夫です。
減るようなことはありませんよ。
カットされる人は、それなりに稼いでいる人だけです。
65才で年金月額+給与月額が46万円以上になる人は、そうそういません。
貧乏人の取り越し苦労だと笑われるかも。

ちょっと働いただけでもカットされるくらい、年金をいただきたいね~