少なっ
厚生労働省が発表している年金の平均受給額は、
国民年金受給者(3600万人)は平均5万6千円。
厚生年金受給者(4000万人)は男性が平均16万9千円、
女性は平均で10万9千円と、人によって差があります。

では、年金の種類を分けなかったらどうなのか?
65歳以上の全員の年金事情をみてみましょう。

月14万円の年金で夫婦が生活している術 [ 中町敏矢 ]

貧乏・生活苦ランキング ← 悲惨です

・月5万円未満・・・18%
・月6~7万円 ・・・31%
・月10万円強 ・・・10%

年金が月5万円に満たない人が2割弱、
そして月7万円に満たない人なら5割ほど。
半数の人たちが月7万円以下で暮らしてます。
日本の高齢者の年金額のリアルがこれです。

60代、かろやかに暮らす (単行本) [ 岸本葉子 ]

ブログ村 60歳代ランキング ← 60代のリアルな日常

厚労省も年金の種類で分けて発表するばかりでなく、
年金受給者全体でみた数字も公表すべきだよね。
そうすると低年金の人がいかに多いのかが判明するのに。

「しっかり取って、ちょっとだけ払う」
これが年金の現実です。死ぬまで働く人の多い理由がこれ。
増税しか考えない無能な政治家が多すぎるのが諸悪の根源よ、
老後に希望が無いと、若い人も払うのがイヤになるだけなのに。

老後が不安な人は、ひとつ押してね
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ