社宅だから生活できる
世帯年収400~600万円の人たちの生活が苦しいようです。

兵庫県の個人事業主の40代女性は、
「世帯年収600万円の夫婦。そこそこ都会の持ち家マンションに住んでいます。
たまに外食をする程度で、生活は普通です。
でもマイカーを持つとなれば、今の場所では駐車場代が高い」

100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる! [ 井戸 美枝 ]
あなたの年金がすべてわかる 2020年版 (人生設計応援mook) [ 西村 利孝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← 悲惨です

神奈川県の40代既婚男性は、メーカー勤務で世帯年収550万円、
「神奈川の都心部なので家賃が高く、あまり貯蓄もできていない。
これからの子どもの学費や自分たちの老後のことを考えると心配」

サービス系企業に勤務する年収450万円の30代独身女性は、
「家賃1万5000円の社宅なので生活ができています」という。

女50代のやっかいな人間関係 [ 小野寺 敦子 ]
やってはいけない老後対策 (小学館新書) [ 大村 大次郎 ]

iDeCo・401k・年金ランキング ← 知っておきましょう

昨今の残業規制のあおりも受けており、
残業時間の短縮によって「ここ2年で年収50万円減」
それにもかかわらず、仕事を自宅に持ち帰ることが多くなって…

「もう不満しかありません。今は月6万円ずつ貯金していますが、
社宅を出たらそれも無理でしょう」

社宅ってのは貧乏にとって、かなり強力な味方になってくれますね。

老後が不安な人は、ひとつ押してね
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ iDeCo・401k・年金へ  

医者はジェネリックを飲まない [ 志賀貢 ]
ひとり老後、賢く楽しむ [ 岸本葉子 ]

年金   老後を生きる   50代の不安と本音と夢  ←ブログ村テーマ