「助けてください」の違和感
最近よく見るネットの「助けてください」というキーワード。
飲食店などで何かのトラブル等で食材が無駄になるので、
「助けてください」と日常的にやっています。

飲食店でもその他のお店でも、
誰かに助けてもらう目的で運営しているわけではないと思います。

1分舌そうじ 健康寿命をのばす! [ 精田 紀代美 ]
医者が教える健康常識のウソ・ホント (POWER MOOK 20)

貧乏・生活苦ランキング ← 悲惨です

美味しい料理を提供したり、雰囲気などでお客を満足させたり、
それは店の個性により多種なサービスとなっていることでしょう。

100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる! [ 井戸 美枝 ]
あなたの年金がすべてわかる 2020年版 (人生設計応援mook) [ 西村 利孝 ]

iDeCo・401k・年金ランキング ← 知っておきましょう

コロナ禍は別として、何かトラブルがあったとしても、
見知らぬ大勢の人たちに向かって「助けてください」というのは…
話題作りでそんなことをやっている暇があるのなら、
少しでも料理の味の追及をするとかした方が、
よほどいいような気がするのですが。

誰かに助けてもらおうなんていう魂胆が卑しすぎます。
商売人の風上にも置けないかな…
「助けてください」なんて哀願する前に、自分で何とかするのが大人。
お金が絡んでるようなことは尚更ですよね。

老後が不安な人は、ひとつ押してね
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ iDeCo・401k・年金へ  

女50代のやっかいな人間関係 [ 小野寺 敦子 ]
やってはいけない老後対策 (小学館新書) [ 大村 大次郎 ]

年金   老後を生きる   50代の不安と本音と夢  ←ブログ村テーマ