給料、引かれる年金額
会社員の給料から引かれる年金額は決まっていて、
厚生年金の保険料の計算式ってのがあります。

厚生年金保険の保険料は、毎月の給与とボーナス(賞与)に対して、
18.3%の料率をかけたもの。
それを、雇用主と従業員の方で折半して支払うことになっています。

100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる! [ 井戸 美枝 ]
あなたの年金がすべてわかる 2020年版 (人生設計応援mook) [ 西村 利孝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← 悲惨です

この場合の「毎月の給与」とは、4月から6月の平均の給与額のことで、
金額により保険料の等級が決定します。
また、ボーナス部分は1回につき150万円が上限となります。

女50代のやっかいな人間関係 [ 小野寺 敦子 ]
やってはいけない老後対策 (小学館新書) [ 大村 大次郎 ]

iDeCo・401k・年金ランキング ← 知っておきましょう

では実際に計算してみましょう。標準報酬額20万円の場合、
20万円×0.183÷2=18,300円

1回のボーナスが50万円の場合、
50万円×0.183÷2=45,750円

これはあくまでも厚生年金保険の保険料の目安です。
給料からは他に社会保険料、所得税・住民税などが引かれます。
こうして見ると、引かれるのが多すぎますよね。
そりゃあ生活が苦しいわけだわ。

老後が不安な人は、ひとつ押してね
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ iDeCo・401k・年金へ  

医者はジェネリックを飲まない [ 志賀貢 ]
ひとり老後、賢く楽しむ [ 岸本葉子 ]

年金   老後を生きる   50代の不安と本音と夢  ←ブログ村テーマ