10万円の誤解
コロナ対策の「特別定額給付金」が決まりましたね。
住民1人当たり一律10万円はありがたいよね。

財源は赤字国債からとなりますが、
勘違いしている人が多いと思いますが血税からではありません。

100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる! [ 井戸 美枝 ]
あなたの年金がすべてわかる 2020年版 (人生設計応援mook) [ 西村 利孝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← 悲惨です

税金で賄えないから国債発行するんであって、
税金からは1円も出ません。無い袖は振れない…

女50代のやっかいな人間関係 [ 小野寺 敦子 ]
やってはいけない老後対策 (小学館新書) [ 大村 大次郎 ]

iDeCo・401k・年金ランキング ← 知っておきましょう

国債発行すれば国民の借金が増えると思いがちですが、
そもそも国債は国民の借金ではありません。
国債は政府の借金ね。

この辺のことを説明すると、とっても長くなるので割愛しますが、
みなさん、お金借りた覚えがないでしょ?
国民一人当たり1000万円の借金があるとか耳にしますが、
あれは正確には国民一人当たり1000万円を国に貸してるってことです。

今回の10万円給付で公務員・生活保護・年金受給者・在日外国人は、
収入が下がらない等で除外しろという声もありましたが、
血税を使うわけじゃないんですから、そこまで意地悪しなくてもね。

コロナの慰労金ってことでいいんじゃないでしょうか。
一律給付の方が早いし、変な利権組織が出来るといけないので…
コロナが一旦収まったら、貯金せずに心置きなく10万円を使いましょう。

老後が不安な人は、ひとつ押してね
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ iDeCo・401k・年金へ  

医者はジェネリックを飲まない [ 志賀貢 ]
ひとり老後、賢く楽しむ [ 岸本葉子 ]

年金   老後を生きる   50代の不安と本音と夢  ←ブログ村テーマ