4万円二人暮らし、雀の涙

ベースの生活費を月4万円で暮らしています。夫婦の年金は額面で年200万円、手取りは年180万円になる予定。月15万円の年金で二人で暮らす生活保護以下の貧乏なプレ老後。使えるお金は雀の涙…

・二人暮らしの生活費、詳しくは⇒ 『月4万円で、暮らせるのか

年金を、知るほどに腹が立ち
年金制度は分りにくいでしょ?
どんなことでもそうだけど、
人を騙すことを前提にしてると、システムを複雑にしようとします。

誰が見ても分るような仕組みだと、騙せないからね。
そんなことを思うと、年金は端から騙す気満々だったのかもしれません。

 ブログ村テーマ (参加しています)
年金   老後を生きる   老後マネー   50代の不安と本音と夢
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎年金の国庫負担割合
2009年4月から基礎年金(国民年金)における、
国庫負担が1/3から1/2に引き上げられました。
この引き上げられた理由は、年金のネコババに関係しています。

本来なら、国庫負担1/3で賄えるはずだったんですが、
如何せん、盗人がよってたかって年金総体で600兆円もポッポしたもんだから、
年金積立金に払うだけのカネが残っていません。破産寸前!

 ブログ村テーマ (参加しています)
年金   老後を生きる   老後マネー   50代の不安と本音と夢
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

年金のキレイごと
年金は賦課方式で「世代間の助け合い制度」なんだから、
将来世代が損することは明らか・・・こんなことを言う人がいる。
たしかにそうなんだよ。でも違うんだな。

年金制度を始めた頃、すぐに年金を受け取る世代は保険料を払っていません。
そして、その負担分が将来世代に受け継がれています。
この部分のマイナスだけなら、将来世代の負担はさほどでもない。

 ブログ村テーマ (参加しています)
年金   老後を生きる   老後マネー   50代の不安と本音と夢
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

年金は、昭和が生んだネズミ講
「年金は国家ぐるみのネズミ講だ!」と言う人がいますが、
完全に「そうだ!」とは同意しないものの、それに近いものはありますね。

年金の歴史を紐解くと、
軍人恩給を復活させ、それよりも条件の悪い厚生年金制度を作りました。
現役の公務員には厚生年金より条件の良い共済年金制度を与えましたが、
なんとかして他人のお金で、戦後の一般人救済を考えたんですね。

 ブログ村テーマ (参加しています)
年金   老後を生きる   老後マネー   50代の不安と本音と夢
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ